エンリケ・イグレシアスがラテン系学生の大学進学に20万ドルの奨学金を提供

スターがファンに何かを返すのはとても嬉しいことですが、エンリケはラテン・グラミー文化財団と協力して、バークリー音楽大学に全額の奨学金を提供しています。





業界で大成功を収めたスターがファンや恵まれない人々に何かを返すことほど嬉しいことはありません。エンリケ・イグレシアスはラテン・グラミー財団と協力して、大学に通う学生1人に全額奨学金を提供しました。

エンリケは、経済的に困窮しているラテン系学生 1 名にバークリー音楽大学に通うために 20 万ドル (4 年間のコースで毎年 5 万ドル) の寄付を約束しました。そしてできれば彼の足跡を継ぐ人を世界に提供したいと考えています。



このアイデアは、ラテン・グラミー財団の理事長マノロ・ディアス氏がエンリケ氏に奨学金で財団に参加してほしいと打診した後に生まれた。

エンリケは、小規模な奨学金を複数提供するのではなく、全額奨学金を 1 つだけ提供することを選択したことを明らかにしました。私たちは彼らに大学の4年間を通わせたいと思っていました。私たちは皆、大学に進学することと、大学を卒業することとは別のことであることを知っています。」

エンリケ自身は大学で音楽を学んだことはありませんでしたが、音楽に集中するために中退するまでマイアミ大学でビジネスのコースを開始しました。



彼は次のように認めています。「私が初めて歌ったり作詞作曲を始めたときは、音楽だけを扱う大学に行こうとは考えもしませんでした。それは私のレーダーにも映っていませんでした。」

しかし、イグレシアス氏はそれ以来、音楽を学んだ業界の何人かの人々と仕事をしており、彼のプロデューサー仲間であるカルロス・パウカールがバークリーのコースへの資金提供に興味を持った。



彼は、「彼に対する私の最初の質問は、『やる価値はあったのか、良かったのか、もう一度やり直したいか』というものだった」と語った。そして彼は100パーセントイエスと答えた。」



また、エンリケはこれまでプリンス・ロイスやJ・バルヴィンを指導してきたため、他のラテンアーティストをサポートすることも重要であり、自身のツアーに彼らをサポートするよう招待している。

彼は「『他のアーティストを手伝っている』ということはあまり考えていない。重要なのは、一緒にツアーする相手がラテン系アーティストであるということだ。ラテン音楽を促進する必要があると思う」と明かした。

「そして、ラテン語放送局がそれほど多くない市場、またはラテン語放送局が存在しない市場に行く場合でも、ご存知のように、この国のラテン語コミュニティは非常に急速なペースで成長しており、ラテン音楽を促進することが重要であり、さらに重要なことは、ラテン系の演技。」



「それは彼らを助け、私を助けます。それは私にエネルギーを与えます。そのようなハングリー精神を持ったアーティストを見ることは私にインスピレーションを与えます。」



あなたも好きかも:

ポップスターの本名: 25 人の音楽アイコンの本当の正体が明らかに

セレブの家: 住んでみたいポップスターの家 10 選

 Facebookでシェア  Xシェア

トップ記事

明日のためのあなたの星占い
















カテゴリ


人気の投稿