MH17: ジョン・アルダーの遺体が飛行して帰国

MH17便事故で死亡したニューカッスル・ユナイテッドファン2名のうち1名の遺体が、撃墜から3か月後に本国に送還されたと遺族が発表した。





ゲーツヘッド出身のジョン・アルダーさん(63歳)は、友人のリアム・スウィーニーさん(28歳)とともに、大好きなニューカッスル・ユナイテッドのニュージーランドでのプレシーズン親善試合を観戦するために飛行機に乗っていた。

彼らは、7月にウクライナ上空でマレーシア航空機が墜落した際に死亡した298人の中に含まれていた。

ダーラム県に住むアルダーさんの家族は、ダーラム警察を通じて声明を発表し、アルダーさんは北東部に連れ戻されたと述べた。

彼らは言った:
「MH17便の犠牲者ジョン・アルダーの家族は、ジョンの遺体がゲーツヘッドに返還されたことを知っていただき、この長く困難な時期に受けたすべての支援と善意に感謝の意を表したいと思います。」

「今月下旬にジョンの家族と友人のための密葬の準備が現在行われています。」

スウィーニー氏の葬儀は8月に執り行われ、ニューカッスル・ユナイテッド監督のアラン・パーデュー氏やクラブキャプテンのファブリシオ・コロッチーニ氏ら数百人が弔意を表して参列した。

帰還プロセスの長期化は、その地域で継続中の戦闘による墜落現場へのアクセスの遅れと、遺体の身元確認の困難さが原因だった。

 Facebookでシェア  X シェア

トップ記事

明日のためのあなたの星占い
















カテゴリ


人気の投稿